産後ダイエット・産後太り解消法

産後太りについて、その解消法、開始時期、おすすめ方法、注意点など。

メニュー

産後はダイエット、引き締めのチャンスです

産後はダイエットチャンスですが焦りは禁物

焦らなくても、脂肪は燃焼しやすく筋肉は柔軟な状態になっているので、ちょっとした工夫で太りにくい体質作りが実践可能な状態でもあります。 良い機会ですので「痩せ体質」に改善していくことをおすすめします。

また出産時に緩んだ筋肉は、十分休ませた後で徐々に回復させてあげる必要があります。 これも、どこを意識すると身体が引き締まるのかを知る良い機会でもあります。 緩んだ筋肉をそのままにしておくことは、太りやすくなったり、尿漏れや臓器脱など健康トラブルの要因を残したままにしてしまうことにもなりかねません。

「産後だから痩せられる」と考えるのではなく、出産を機に一旦リセットして、良いダイエット法で出直すことができるチャンスだと考えた方が良いでしょう。 それにはまずは引き締め。 体重を減らす前にサイズダウンを実践した方が、半年、一年後の良好な結果が期待できます。

産後ダイエットは栄養バランスのいい食事から・・

産後ダイエットでは栄養をバランスよく摂り、日常に軽い運動を取り入れ、体温が下がらないように身体を温かくすることがとても大切です。 (産後でなくても大切です)

以前に間違ったダイエットを繰り返してきた方にとっては、リセットするいい機会でもあるので、ご自分のダイエット法を見直してみましょう。

当サイトの 「痩せる」ってどうゆうこと? でも書いていますが、そもそも短期間で簡単に体質が変わる等ということはないと考えた方が間違いありません。

そして出産に向かって9ヶ月かけて変化してきた身体は、産後徐々に元に戻っていきます。この期間、6ヶ月〜1年くらいです。 この期間をフルに使ってダイエットに取り組むのが理想的な体質改善にもつながります。

ダイエットの基本は身体を温かくして血行をよくすると効果的

「燃焼系体質」に少しでも近づくためには、十分な栄養を摂りながら、体温を高く保ち、少しでも身体を動かすことです。 産後に限りませんが、身体を動かすということで言うなら、1週間に1回集中して行うより、たとえ数分でも良いので毎日行う方がずっと効果的です。

また体温を高く保ち代謝を高めるのに、体形補正下着などの着用はおすすめ出来ません。 身体を締め付けることは血流やリンパ流をを妨げ、冷え性や脂肪の燃焼し難い体内環境を生み出してしまう可能性があるからです。

例えばマッサージや整体、運動により身体に得られた良好な結果でも、大体は数時間から数日で元に戻ってしまいます。 太っていく時も、痩せていく時も、毎日の積み重ねが大きな変化、大きな結果を残すのは変わりないのです。

忙しい毎日の中で、産後のダイエットチャンスを活かすために、いかにストレスなく取り組めるかを大切にしたいです。

産後ダイエットの開始時期

「産褥期」、「肥立ち期」の間は、体調や体力回復を中心にして産前の様なダイエットは控えましょう。 産後ガードルや軽いストレッチ等から始めるのが理想的です。 産褥期、肥立ち期についてはトピックス「産後の肥立ち(産褥)」を参照してください。

また運動も含め、産後ダイエットを始める時期については、原則としてお世話になっている産科医や助産師さんに相談しながら、体調に合わせて始めるようにしましょう。

産後用ガードルの着用や、軽いストレッチの開始時期については、一般的に、普通分娩の場合は出産後1週間、帝王切開の場合は1ヶ月が目安となります。 ただし、母乳で育てている方は授乳中のカロリー制限(食事制限)やサプリメントの摂取は控えましょう。

産後ダイエットで取り入れたいこと

なによりも健康が第一です。 大変な体力を使ったあとなので体力の回復を優先し無理なダイエット、特に食事制限やカロリー制限は絶対に避けましょう。

気にかけておきたいのは、脂肪分を避け、鉄分やカルシウムを多めに摂ることですが、食事に気を使ってストレスになるようでしたら、和食中心の食生活にするのが良い方法です。 それから小まめな水分補給を心がけましょう。

体力回復には軽い運動も有効です。 少しずつ、ストレッチやエクササイズなどを始められると良いですが、出産直後からホルモンバランスが変わりはじめますので、発散のつもりの運動が返って調子を崩してしまうことが稀にあります。 あまりムリはせず、マイペースで取り組みましょう。 まずはお散歩。 あとは家庭内で出来ることから少しずつ。 そのくらいで十分です。

産後ダイエットで避けたいこと

体形補正下着、ウエストニッパーなどは出来れば避けた方が無難です。 補正下着やウエストニッパーは身体を上から下に向かって締めてしまうことがありますので、産後の筋力が低下した状態では臓器下垂などが心配されます。

その点、産後用ガードルであれば身体の下から上に向かって引き締めますので安心です。 ガードルは「産後用」を使用して下さい。 産後用ガードルを選ぶ際には、出来るだけ肌に優しいもの、帝王切開で出産した方は傷口に触らないものを選ぶと良いでしょう。

補正下着やウエストニッパーについて

これらは基本的にドレスやガウンを着る際にシルエットを整えるために着用するものです。

産後に限らず、補正下着やウエストニッパーは血行やリンパの流れを鈍くさせてしまう場合があるので、ダイエット用途にはおすすめできません。

血行やリンパの流れが鈍くなると、十分な栄養素が身体に行き渡らないばかりか、代謝を落としたり、冷えやムクミの原因にもなりますので気をつけて下さい。

おすすめ産後ダイエット

トップページへ戻る

このページの先頭へ戻る